実印が必要になる場面とは~あなたが買うべきはんこが分かる~ | 実印の作り方合っていますか?これだけは知っておきましょう!

実印が必要になる場面とは~あなたが買うべきはんこが分かる~

実印の必要性の解説

「実印が必要という話を周りで聞くけど、作成するべき?」
「私には必要ないのでは…」

実印は公的な契約に欠かせない印鑑ですが、普段使う機会が少なく必要性を感じづらいので、購入するべきか迷っている方も多いと思います。

そこでこのページでは、実印が具体的にどのような場面で必要なのかという基礎知識に加え、購入する場合の印鑑の選び方人気のショップを詳しく解説しています。

まずは、実印の定義銀行印と認印の違いからご説明しましょう。


実印の基礎知識

実印の必要性の解説

実印が必要となる場面を詳しくご紹介する前に、そもそも実印とは?というところを簡単に確認しておきたいと思います。


実印の定義

実印は、役場で登録された、本人を証明する印鑑のことです。不動産取引や自動車を購入する時などに必要です。

本人が15歳以上であれば実印を登録できます。

また、実印の登録は1人1本

例えば、結婚していて夫が実印を持っていれば、妻や子供は必要ないのでは?と思われる方もいますが、実印は家族で共同のものを使えるわけではありません。実印が必要な手続きや契約をする本人が、それぞれ持つ必要があります。


印鑑登録・印鑑証明書とは

実印を使う時は、セットで印鑑証明書というものが必要なことが多く、この印鑑証明書を発行してもらうために、役場で印鑑登録が必要です。

印鑑登録は、住民票がある市区町村の役場に行く必要があります。必要なものは、実印として登録する印鑑と本人確認書類(運転免許証など)。

これがあれば、その日のうちに登録ができます。


銀行印と認印との違い

実印以外に必要となることが多いのが、銀行印認印。この2つと実印の違いについて簡単にご説明したいと思います。

銀行印は、口座を開設する時に金融機関で登録する印鑑。窓口でお金を引き出す時に必要になります。

認印は、日常的に最も必要となる場面が多い印鑑です。宅配便の受け取りや社内文書の押印で使います。

「実印と銀行印と認印、同じ印鑑を使ってはいけないの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、3本とも別々に作成することが必要です。

何故かと言うと、どの印鑑も公的な効力を持つため、万が一紛失をしてしまった時や、盗難に遭ってしまった時のことを考えて、リスクの分散をしておく必要があるからです。

次の項目では、それぞれの印鑑が必要になる場面をもう少し具体的に見ていきたいと思います。


印鑑が必要になる場面

印鑑が必要になる場面の説明

それでは、実印・銀行印・認印がそれぞれどのような場面で必要になるかを詳しく見ていきましょう。

実印 自動車(新車)の購入、中古車の売買、ローン契約、不動産取引、銀行の融資を受ける、会社設立時、生命保険・自動車保険の加入、保険金の受け取り、住宅の購入、遺産相続、その他役所での公的な手続き
銀行印 銀行口座の開設、口座振替の登録時
認印 宅配便の受け取り、履歴書、婚姻届、転入・転出・転居・出生届への押印

場面によっては、実印・銀行印・認印が全て必要になることもあります。

どのような時か具体的に見ていきましょう。

不動産の購入

必要な印鑑 実印 + 銀行印 + 認印
不動産を購入する時は、販売会社からの登記移転のため、実印や認印が必要です。 住宅ローンを組む時は、実印に合わせて銀行印が必要となります。

ちなみに、賃貸住宅の場合は、認印と銀行印のみ必要なことが多いですが、不動産会社によっては実印と印鑑証明の提出が必要となることもあります。

また、連帯保証人は実印が必要です。

車の購入

必要な印鑑 実印 + 銀行印 + 認印
新車・中古車に関わらず、車を購入する時は、所有者の登録を行うため実印が必要です(ただし、軽自動車の場合は認印のみ)。

更に、自動車ローンの契約や任意損害保険に加入する時は銀行印、車庫証明の手続を行う時は認印も合わせて必要になります。

そのため、普通自動車を購入する時は、実印・銀行印・認印を3本セットで用意すると良いでしょう

また、廃車にする時も実印が必要になります。

会社設立

必要な印鑑 個人実印 + 法人実印 + 法人銀行印 + 社印
会社設立の時は、会社の代表者の個人実印と、社名などが入った登記用の法人実印(=代表者印、会社実印、丸印)が必要です。

また、個人の銀行印と同じく金融機関に登録する法人銀行印と、会社の認印にあたる社印(=角印、社判)も必要です。

会社設立時にはセットで作成することをおすすめします。

このように、実印は一生の大事な場面で必要となる方が多い印鑑。

そのため、必要になった時に慌てて実印を購入するよりも、時間に余裕を持って作成することをおすすめします。

それでは、どのようなことに気を付けて実印を購入すれば良いと思いますか? 次の項目では、実印の選び方を見ていきたいと思います。


実印の選び方

印鑑の選び方のポイント

実印を購入する時にまず必要なのは、「大量生産されている印鑑は避けること」です。

同じ印影が簡単に手に入ると、誰かがあなたになりすまして勝手に契約を結ぶことができてしまいます。 そのような危険を避けるためにも、実印は独自のものを作成することが必要。

実印選びに必要な項目は、以下の5つです。


名前の入れ方

実印の印面に入れる名前は、住民登録されている名前と一致する必要がありますが、苗字・名前・フルネームの選び方は自由

偽造のされにくさという実印の必要性を考えると、文字数の多いフルネームが推奨されます。

ただし、女性の場合は必要に応じて名前で作成することも。
何故かと言うと、一般的に女性は結婚すると苗字が変わるからです。

実印に旧姓が入っていると、姓が変わった時に実印を作り直す必要が出てしまいます。そのような必要がなくずっと同じ実印を使えるように、女性の実印は名前のみを入れることが多いのです。


サイズ

実印として登録できる印鑑のサイズは通常8.0mm~25.0mmと指定されており、この大きさに収まる印鑑が必要です。

一般的には、男性は16.5mm女性は13.5mm~15.0mmの実印が多いです。手の大きさや昔からの習慣により、サイズに違いがあると言われています。


素材

実印の素材は、「これにする必要がある」というものはありませんが、一生使えるように耐久性に優れたものを選びましょう。
定番素材の黒水牛や近年人気のチタンなど、豊富な種類から好みで決められます。

各素材の詳細はこちら

書体

実印の書体に必要なのは、偽造されにくい複雑な文字であること。
印鑑の書体にはいくつかありますが、読みにくく実印に相応しい書体と言われているのは篆書体てんしょたいまたは吉相体きっそうたいです。

書体の詳しい一覧はこちら

彫り方

印鑑の彫り方には機械彫り手彫りがありますが、実印はできれば手彫りでの作成をおすすめします

実印は、偽造の危険を防ぐため、復元されにくい印鑑が必要。機械で同じ印影の印鑑ができてしまうことを避けるためにも、職人によって違いが出やすい手彫りの実印が好まれる傾向にあります。


以上の項目でご説明したポイントを、実印選びに役立てていただければと思います。
それでは、「実印が必要になった場合はどこで買えば良いの?」という方のために、次の項目で人気の印鑑ショップをご紹介したいと思います。


印鑑の購入で人気のショップ

人気の印鑑通販サイト3店

実印が必要になった時、近年、通販サイトで印鑑を購入する方が増えています
人気の秘密は、値段の安さ。通販サイトでは、維持費を削減できる分、店舗の3分の1ほどの値段で実印を購入できます。
また、印材などの種類も豊富で、実印が必要な方に人気です。

今回は、「実印は必要だけど、できるだけ安く購入したい」「どうせ必要なら、せっかくだから見た目にもこだわりたい」など、様々なニーズに合った実印を作成できる人気のサイトを3つご紹介します。


人気No.1!種類が豊富な「ハンコヤドットコム」

ハンコヤドットコムは業界最大手の印鑑通販サイト。その信頼性と、素材の種類の多さが人気です。
「必要な実印をどこで購入するべきか迷った」という時は、ハンコヤドットコムがおすすめです。

詳細はこちら

実印を安く購入できる「はんこプレミアム」

「必要最低限の実印を安く購入したい」という方に人気のはんこプレミアム。
実印として必要な品質は保ちつつ、価格がお手頃で、業界最安値とも言われています。
安さを重視する方におすすめです。

詳細はこちら

こだわりの実印を作成したい時は「平安堂」

実印が必要なら、良いものを作成したい」という方には、品質の高さで人気の平安堂がおすすめ。

他の2社に比べると値段はやや高めですが、平安堂の実印は風格と高級感があります。 平安堂なら、一生ものの実印が作成できるでしょう。

詳細はこちら

必要に応じて購入するショップを選び、納得の実印を作成して下さいね。



5月29日 16:53
各ランキング1位の
人気販売店はこちら!
「信頼と実績」で1位
ハンコヤドットコム
出荷実績No.1!
業界最大手の実印通販サイト。
高品質・品揃え豊富で口コミが高評価の印鑑ショップ。
詳細情報はこちら
「低価格人気」で1位
はんこプレミアム
激安実印販売の通販ショップ。
格安料金で人気の手彫り印鑑も作成可能。
詳細情報はこちら
「即日到着」で1位
ハンコマン
業界随一のスピード配送。
独自の書体や金運招福印鑑など豊富な選択肢も魅力。
詳細情報はこちら
「高級・高品質」で1位
品揃え日本一。
厳選された素材のみを用いた高級印鑑・実印販売店。
詳細情報はこちら
「デザイン性」で1位
sirusi
魅力的なデザインNo.1!
お洒落な印鑑を取扱うサイト。
Sirusiだけの素材とデザインで自分だけの印鑑を作成可能。 詳細情報はこちら

サイト内検索

記事一覧

最新情報!
実印の作り方から登録まで
実印お役立ち情報
【実印通販サイト】おすすめ
【法人印(会社印)】の作成
社判(しゃばん)について
【実印素材】おすすめ
「銀行印」について
「シャチハタ」について
契約の際に登場する印鑑
TOP
メニュー
最新情報!
実印の作り方から登録まで
実印お役立ち情報
【実印通販サイト】おすすめ
【法人印(会社印)】の作成
社判(しゃばん)について
【実印素材】おすすめ
「銀行印」について
「シャチハタ」について
契約の際に登場する印鑑