実印作成のために知っておきたい5つのステップ | 実印の作り方合っていますか?これだけは知っておきましょう!

実印作成のために知っておきたい5つのステップ

印鑑を作る時のポイント

「実印を作成することになった!」というみなさまへ。
実印には、相応しいサイズ書体などがあることをご存知ですか?

実印は日常生活では使う機会が少なく馴染みが薄いものですし、他の印鑑との違いも分かりにくいところ。

このページでは、実印を含め多くの方の印鑑作成に役立つ情報を運営している当サイトが、実印の作成から登録までのポイントを5つに分けてご紹介します。

まずは、どのような実印を作成すれば良いかという部分からご説明しましょう。

作成する前に知っておきたい実印の基礎知識

実印を作成する前に知っておきたい基礎知識

まずは、実印が必要となる場合や、どのような点に注意して実印を作成しなければならないかについて簡単に押さえておきましょう。

実印は、一言で言うと法的な効力を持った印鑑のこと。

主に法律に沿って公的な書類を作成する際に本人を証明する役割があり、例えば以下のような場合で実印が必要となることが多いです。

・官公庁の手続き(遺産相続、慰謝料、養育費など)
・保険の加入・保険金の受理
・不動産の取引
・賃借契約の連帯保証人
・車の契約

ちなみに、印鑑を作成するだけでは実印にはなりません。
役所で印鑑登録を行うことによって、はじめて実印として効力を持ちます。

このように、実印は重要な契約において本人であることを証明する重要なものなので、しっかりしたものを作成することが大切。

それでは、具体的にどのような実印を作成すれば良いと思いますか?
最も大切なのは「偽造されにくい実印を作成する」ことです。

大量生産されている既製品の印鑑は、誰でも入手することができ、悪用されるリスクが高くなってしまうため、実印の作成には不向きです。

そのため、100円ショップや文房具店で売られている印鑑ではなく、実印用の印鑑を印鑑屋さんで作成しましょう。

具体的に作成するべき実印の大きさや素材に関しては、次の項目で詳しくご説明したいと思います。


実印作成から登録までの5ステップ

印鑑の作り方と登録のポイント

ここからは、実印の作成から印鑑登録までのポイントを5つのステップに分けて順番にご紹介します。 まずは実印の大きさから見ていきましょう。

①サイズ

印鑑登録を行う市区町村によって若干異なりますが、実印として登録ができるのは印面の直径が8.0mm~25.0mmのもの
一般的には13.5mm~18.0mmで作成する方が多いです。

小さすぎると印面が見えづらくなったり、認印(宅配便の受け取りなどで押印する印鑑)や銀行印(金融機関で登録する印鑑)などと区別がつかなくなる可能性もあるため、実印は他の印鑑に比べるとやや大きめに作成します。

男女別に見ると、男性は16.5mm、女性は13.5mmか15.0mmの実印を作成する方が最も多くなっています。

②書体

印鑑には、主に以下の6つの書体があります。

印鑑の書体

「必ずこの書体にしなければいけない」という決まりはないため、実印を作成する時は好きな書体を選ぶことができます。

ただし、先ほどご説明したように、実印は偽造されにくいものを作成することが大切です。 そのため、書体が複雑で、複製しにくいものを選ぶことをおすすめします

先ほどご紹介した書体の中で、判読がしにくく実印に適しているのは、篆書体や印相体。 実印は、この2つの書体から選んで作成すると間違いないでしょう。

ちなみに、実印は、苗字のみ・名前のみ・フルネームの中から好きな形で作成することができます。

苗字に比べると、同じ名前の人は少ないこともあり、偽造されるリスクが低いというメリットがあります。 フルネームであればさらに真似がしにくいので、より安全であると言えるでしょう。

③素材

印鑑には様々な印材がありますが、実印を作成する際に欠かせないのは「耐久性に優れた素材である」こと。

シャチハタのようにスタンプ形式のものや、印面がゴムでできている印鑑は、基本的にほとんどの場合、印鑑登録が認められません。

実印は、登録した印影が変わらないよう、耐久性に優れた素材で作成することが大切です。

今回は、実印の作成で人気が高い印材をいくつかご紹介しましょう。
多くの方に選ばれている定番の印材には、以下のようなものがあります。

実印作成で人気が高い印鑑の種類一覧

印材によって価格も変わってくるため、ご予算と比較しながら好みの素材を楽しく選んで、お気に入りの実印を作成して下さいね。

④お店を決める

実印は、近くの印鑑屋さんか、ネットの印鑑通販サイトで作成します

「大事な印鑑をネットで注文して大丈夫なの?」と不安に思われた方もいらっしゃると思いますが、最近では通販サイトで実印を作成する方も増えており、サービスも充実。

実印をネットで作成すると、主に以下のようなメリットがあります。

・素材の種類が豊富
・即日配送サービスがあり、早く作成できる
・価格を安く抑えられる

ネットで実印を作成する大きな魅力は「安く購入できること」ではないでしょうか。
店舗の費用や人件費が削減できるため、店舗で販売されている金額の3分の1ほどの価格で購入が可能。

実印は、5,000円~20,000円が相場と言われています。
きちんとしたものを作成すると、ある程度の費用がかかるので、割安で購入できると嬉しいですね。

もちろん実物を見たいという場合は店舗に行けば間違いありませんが、はんこプレミアムハンコヤドットコムなど、信頼と実績がある安心の通販サイトもあります。

このページの最後におすすめのサイトをまとめているので、ぜひご活用下さい。

④実印登録

ここまでのステップで、お気に入りの実印を作成できるようになっているはずです。

しかし実印は、作成するだけでは効力を持ちません。
役場で印鑑登録することによって、はじめて実印として本人証明が可能になります。

そこで最後に、印鑑登録の方法をご紹介します。
印鑑登録は、住民票のある市区町村の役場で行います。

持参するものは、以下の3点。

・実印として登録する印鑑
・本人確認書類(免許証やパスポート)
・手数料(無料~500円程度)

役場の窓口で、登録申請書に必要事項を記入、捺印して申請すると、印鑑登録証が発行されます。 繁忙期(2~3月)は1時間ほどがかかることもありますが、基本的には10~20分程度で即日発行。

印鑑登録証があれば、実印を利用する際に必要となる印鑑証明を発行できます。
印鑑登録の方法に関する詳細な情報はこちら



ここまでご紹介した手順を踏んでいただければ、無事に実印の作成から登録まで完了! それでは、ここまで解説した実印の作成・登録のポイントをおさらいしておきましょう。
・実印のサイズは13.5mm~18.0mmが一般的
男性は16.0mm~16.5mm、女性は13.5mmか15.0mmがおすすめ

・セキュリティを考えると、書体は印相体篆書体フルネームでの作成が安全

・スタンプ式やゴム製のものは避け、耐久性のある素材が相応しい

・専門の店舗か、お得なネットの印鑑通販サイトで購入

・役場で印鑑登録が必要
また、実印を作成するにあたってお問い合わせが多いのは「申し込みから届くまでどのくらい時間がかかるか」ということや「価格の相場」。

次の項目では、そうした実印の時間価格に関する部分をご説明したいと思います。


即日作れる?届くまでにかかる時間

印鑑を作るまでにかかる時間

実印を作成してから手元に届くまで、実際にどのくらい時間がかかるのでしょうか。
通常は2週間程度かかることが一般的です。

ただし、「急に実印が必要になって、至急作成しなければいけない!」という方も中にはいらっしゃると思います。

実印には翌日配送に対応している通販サイトもあり、急遽実印の作成が必要になったという方も安心です。

ただし、種類によっては、即日配送に対応していない実印もあるので、選択肢がやや限られる可能性も。

また、実印の印影は、手彫りで作成する場合と、機械で作成する場合があります。
即日配送の場合、実印の印面は基本的に機械彫りで作成。

しかし、機械彫りは、手彫りに比べると同じ印影を複製しやすくなります。
そのため、犯罪防止のためには偽造が難しい手彫りでしっかり作成する方がおすすめです。

一生に1本作るかどうかという大事な実印だからこそ、作成する際は、できれば時間に余裕を持って、素材や印面など納得のいくものを作りたいですね。


印鑑によって価格が違う理由

印鑑の価格の説明

それでは、みなさんが気になっているであろう「実印を作成するにはいくらくらいかかるのか」について解説しましょう。

実印の価格の目安は、男性で10,000円、女性で9,000円程度。

ただし、サイズ・素材・作成方法(機械彫りか手彫りか)・作成する場所(店舗か通販サイト か)によって実印の価格は変わります。

素材で例を挙げると、印鑑の中で最高級である象牙はおよそ20,000円。
スタイリッシュで近年人気が高いチタンは15,000円、手頃な価格が魅力である黒水牛は5,000円程度です。

好みや素材の耐久性なども考えながら、ご予算の範囲で選ぶと良いでしょう。

また、前の項目で少し触れた、実印の作成方法が機械彫りか手彫りかという点については、セキュリティの面も考えた上で比較することをおすすめします。

先ほどもご紹介しましたが、できるだけ価格を抑えたいという方は、通販サイトを活用すると、店舗に比べてお得に実印を作成できます。


女性が注意するべきはんこ作りのポイント

女性が印鑑を作る場合に気を付けるべきポイント

実印の作成にあたって、「女性だからこうしなければいけない」という特別な決まりはありません。

ただし、実印を作成する際にお伝えしておきたいポイントがあります。
大きく分けると、サイズと名前の入れ方の2つです。

サイズに関しては、女性は男性よりも一回り小さい実印を作成する傾向にあります。

何故かというと、女性の小さな手でも扱いやすく、控えめな印象を与えるからです。
また、夫婦の場合は、押印した際にバランスが良く、夫を立てることに繋がります。

実印の大きさは信用の大きさを表すとも言われています。
経営などをされている女性の方はこれに限りませんが、女性向きのサイズは13.5mmもしくは15.0mmが一般的です。

控えめにされる方は13.5mm、印面の文字数が多い場合や、存在感のあるサイズを好む方は15.0mmで作成することが多いです。

また、先ほど「フルネームはセキュリティ対策になる」とご説明しましたが、未婚の女性の場合は結婚すると苗字が変わる可能性があるため、名前のみで実印を作成する方も。

名前で実印を作成すれば、苗字が変わって実印を作り直したり、印鑑登録を変更したりするなどの手間がなく、同じものを使い続けられます。

女性の方は、以上を参考にお気に入りの実印を作成して下さいね。

最後に、「それで、実印を作成する時におすすめのお店はどこ?」という方のために、実績のある通販サイトを厳選してご紹介しましょう。


おすすめの人気ネット通販サイト

おすすめの印鑑通販サイトの紹介

実印を作成する際は、以下の印鑑通販サイトがおすすめです。

【最もおすすめなのは「ハンコヤドットコム」】

ハンコヤドットコムは、年間約35万件を出荷している業界No.1の印鑑ネット通販サイト。

品揃えも豊富で、実印として人気が高いチタン素材や、女性向けのおしゃれなボディーの印鑑も多数取り揃えています。

また、社内には多くの印影デザイナーが在籍しており、注文を受けた実印を、1つ1つ丁寧に作成してくれます。
そのため、偽造や複製をされる心配もありません。

商品によっては通常価格の3割引など、良心的な価格で作成できます。
ハンコヤドットコムなら、あなたにぴったりの実印がきっと見つかるはず。


【価格がお得!「はんこプレミアム」】

できるだけお得に実印を作成したい!という方におすすめなのは、はんこプレミアム。

高級素材の実印を業界最安値で作成できると評判です。
注文時にオプションを選択すると、+1,980円という格安で手彫りの実印を作成することもできます。

値段を重視する方は、ぜひはんこプレミアムをご利用ください。


【高級素材なら「平安堂」】

高級な素材で実印を作成したい方は、平安堂がおすすめです。

例えば、最高級の象牙はなんと100年保証
また、1級印章彫刻技能士の資格保有者が在籍していて、丁寧に手彫りで作成してくれます。

完璧な実印を作りたい!という方はぜひご利用下さい。


【お急ぎの方は「ハンコマン」】

急いで実印を作成したい方におすすめしたいのが、スピード出荷に定評があるハンコマン。 月~土曜日の17時まで当日注文を受け付けていて、地域によっては最短で午前中に届くことも。

航空便発送で、遠方の方も翌日印鑑が届くなど、配送サービスが充実しています。



以下の通販サイトはどれもおすすめ。 ぜひ納得のいく実印を作成して下さい!

また、実印の作成方法についてもっと詳しく知りたい方は、以下に情報をまとめているので、ぜひご確認下さい。
詳細はこちら






お得な特典情報

印鑑通販サイトのお得な特典・キャンペーン情報をご紹介しています!

おすすめ! 人気通販サイト4選
ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコム
詳細情報はこちら 出荷実績No.1!
業界最大手の実印通販サイト。
高品質・品揃え豊富で口コミが高評価の印鑑ショップ。
はんこプレミアム
はんこプレミアム
詳細情報はこちら 激安実印販売の通販ショップ。
格安料金で手彫り作成も選択可能。
ハンコマン
ハンコマン
詳細情報はこちら 業界随一のスピード配送。
独自の書体や金運招福印鑑など豊富な選択肢も魅力。
平安堂
詳細情報はこちら 品揃え日本一。
厳選された素材のみを用いた高級印鑑・実印販売店。

サイト内検索

記事一覧

「銀行印」について
割印・契印・捨印・消印・止印とは
実印の作り方から登録まで
【実印素材】おすすめ
【法人印(会社印)】の作成
実印お役立ち情報
【実印通販サイト】おすすめ
TOP
メニュー
「銀行印」について
割印・契印・捨印・消印・止印とは
実印の作り方から登録まで
【実印素材】おすすめ
【法人印(会社印)】の作成
実印お役立ち情報
【実印通販サイト】おすすめ