画像:三文判ってなに?

三文判と言われて正しい印鑑が思い浮かんでいるでしょうか?

三文判は文房具店や100円ショップでも売っている、日本人の代表的な姓が彫られた印鑑です。

三文判は実印として登録することはできますが、実印にふさわしくはありません。

では実印として三文判を使用することの何がいけないのでしょうか?

このページでは、三文判と実印の関係についてみていきましょう。


そもそも三文判とは・・・

画像:三文判とは

アルバイトや何かの手続きの際、「シャチハタ以外の印鑑を持参してください」といわれることがあります。

この時の印鑑は何のことを指しているか、おわかりになるでしょうか?

契約をするので実印が必要になるのでは…と考えた方もいるでしょう。

一般的には「印鑑を持ってきてください」と言われた場合には、実印ではなく認印のことを指します。実印を使用する場面は限られているのでそれ以外は認印で良いでしょう。

認印も実印と同じように既成品ではなく自分だけの印鑑を作るのがベストですが、必要になった時にいざ作ろうと思っても時間や予算がないものです。

そんな時に便利なのが、三文判。文房具店や百円ショップ、ホームセンターなどで安く売られている大量生産のハンコです。

三文判は、一般的にも認印として使用しますので、急に認印が必要になったときに非常に便利です。

三文判の「三文」ってどういう意味?

三文判の「三文」とは、もともと江戸時代以前に使用されていた一文銭という通貨があり、それが3枚で三文です。

三文は比較的、安価な額ですので、そこから安いものを三文というようになりました。
「二束三文」という言葉がありますが、これは「二束で三文の値である」という意味で、数量が多くても、値段がとても安いことをいいます。

三文判の「三文」はこれと同じで、大量生産された安い印鑑をいいます。

しかし「認印」「実印」と違って、「三文判」という印鑑が存在するわけではなく、あくまでも安く大量に生産されているハンコの総称です。ですから、印鑑が必要な時に「三文判を持ってきてください」といわれることはありません。

認印やシャチハタとはどう違うの?

画像:三文判は認印やシャチハタとは違うの?

三文判は一般的に認印として使用されています。

ところで、宅配便などの荷物の受け取りの際に使用するシャチハタと三文判とはどう違うのでしょうか?

大量生産されているハンコであることから、シャチハタも三文判の一種です。

また、シャチハタは実は会社名。本来の商品名はXスタンパーというのです。つまり、Xスタンパーを販売している会社がシャチハタです。

しかし、現在では「シャチハタ」のほうが世間に浸透して一般的な言い方になっていますので、ここでは「シャチハタ」に統一して説明いたします。

シャチハタは印面がゴムでできているため、公的機関への書類などにシャチハタで押印することは、基本的には認められていません。もちろん実印として登録することもできませんよ。


認印は、印鑑登録をしていない(実印、銀行印ではない)ハンコで、意思確認や承認する時等に使用します。

シャチハタはゴム印なので朱肉を必要としません。そのため、使う側としては大変便利なのですが、三文判であり、ゴム印でもあるので、認印として成立しないとしている場合が多いのです。

三文判は出来合いの安価なハンコで、同型のものが世の中に多く出回っています。しかし、認印として手軽に購入できることからたくさんの人が使用しています

つまり、一般的には、多くの公的書類に三文判は認印として使用されていますが、シャチハタでは認められない場合が多いため、シャチハタは宅急便等の荷物の受け取りや会社・団体内のみで使用される書類等、公的でない書類に限り使用されています。

こう考えると、全部シャチハタ以外の三文判か、オリジナルの認印を使えばいいのでは?と考えるかもしれません。 しかし、シャチハタは実際使うと非常に便利なもの。上手に使い分けるようにすると、生活の中で便利に効率よく使えるものとなると思います。

実印と三文判はどう違うの?

画像:実印と三文判の違い

では、実印とはどう違うのでしょうか?

実印は、人生において重要な契約や高額な契約に用いるハンコ。お住まいの市区町村の自治体に登録している印鑑です。

登録することでその印鑑が自分を証明するものになります。
そのため、実印は厳重に取り扱う必要があり、気軽に捺印してはいけない印鑑です。

三文判というハンコは存在しません。三文判は大量生産された安い印鑑のことです。同じ姓であれば、同型のはんこが沢山あります。

つまりこのふたつは全く別物で、実印は印鑑の種類、三文判は大量生産された安価なハンコの総称です。

三文判の危険性

三文判は前述しました通り、大量生産されたもの。
同じ姓であれば、同型のものがいくつも存在するわけですから、自分が使っているものと同じものを探そうと思ったら見つかる可能性も高いのです。

三文判は認印としてだけでなく、実印や銀行印としても使用できます。しかし、重要な契約をする実印や大切なお金、預金にかかわる銀行印に、大量生産された三文判を使用することは、かなり危険です。

また、たとえ認印であっても、覚書などの契約書に押印した段階で、その契約の効力は発揮します。そのため、三文判を認印として使用している場合にも、自分が知らないところで契約が成立しているような危険が起こるかもしれません。

日本文化の中で、印鑑の持つ意味は非常に大きく、印鑑の重要性は考えている以上に重たいものです。

三文判は、いざという時に便利なアイテムですが、自分の身を守るものにはなりません。その点を十分に理解して、上手に使い分けるようにしてください。

印鑑登録はできる?

画像:三文判を実印として印鑑登録できるの?

三文判を実印として印鑑登録できるかどうか、という点だけで答えるのであれば、「印鑑登録できます」

実印は、サイズが8mm以上25mm以内の正方形に収まるもので、住民票に登録された名前と同一であれば、登録可能です。


つまり、三文判がこの規定を満たしているのであれば、実印として印鑑登録することは問題ないのです。

ただ、三文判は実印として印鑑登録できないとしている自治体はあります。しかし、印鑑の専門家でないかぎり、それが三文判かどうかを判別することは難しいです。

現状では、あくまでも自己申告となるため、印鑑登録できてしまうことがほとんどです。

しかし、三文判を実印として登録することは非常に危険な行為です。

実印として印鑑を登録するならば大量生産された既成品ではなく、ぜひ手彫りの自分だけの印鑑を作ってくださいね。

三文判を実印として使用する危険性

画像:三文判を実印として使用する危険性

自分の人生を左右するような重要な契約に使う実印を三文判で印鑑登録した場合、具体的にどんな危険性があるのでしょうか?

実印は自分の分身ともいえる大切な印鑑で、重要な契約、住宅の購入などの高額な契約に用いるものです。重要性の高い実印だからこそ、お住まいの地域の市区町村に届け出て「登録」する必要があるのです。

それほど重要な実印に、広く流通した既成の三文判を使用するということは、自ら偽造や悪用される可能性を高めていることと等しくなります。


三文判は同じ姓であれば、同型のものを見つけることはそんなに難しいことではありません。

知らない第三者がこのことに気が付き、同型のものを見つけて自分が知らない間に多額の借金の契約をするなど、悪用される可能性があるです。

もちろんあってはならないことですが、このようなトラブルが発生することを回避するために、自分自身でしっかりと検討した手彫り、あるいは手彫り仕上げの実印を作成し、自分だけのオリジナルの1本を実印として印鑑登録することが大切なのです。

たとえ三文判での実印登録が可能であったとしても極力避けましょう。

実印の印鑑登録をする時には、簡単に手に入る三文判ではなく、印材や書体、彫刻する名前、大きさなどをよくよく考えて、自分だけの一本といえる印鑑を作ってくださいね。



実印を作るということは、自分自身と向き合いながら自分の分身を作り上げることです。
心から安心できる自分だけの1本を、信頼できる店舗で作りましょう。



実印や銀行印、認印やシャチハタが欲しいならハンコヤドットコムがオススメ。 印鑑関連商品が全て手に入る業界最大手の印鑑通販サイトです。
>>ハンコヤドットコムについて詳しく知る!