実印って何?まずは定義から説明

実印とは?なにか

実印とは、住民登録している地域の市区町村の役所や役場に印鑑登録をして、認められた法的な効力を持つ印鑑のことを言います。

実印とは、戸籍上の姓名を刻印してあることが必要となります。なぜなら日本においては、実印は1人1つの印鑑で、「自分自身の分身」ともいえる大切な印鑑だからです。

実印を使う場面とは、人生において比較的重要な決断をするときです。例えば、「家を買う」「家を借りる」「車を買う」など、重要な契約、あるいは大きな契約をする際に使います。

実印を押すことで、「その契約は私が自ら希望して契約することに間違いない」という意思表示をするものです。

つまり、印鑑登録してある実印は、「その印を押した人物が本人であることを証明するための印鑑」であるといえます。

ですから、契約書に何が書かれているのか、しっかり確認しないまま実印を押印すると、とんでもないトラブルに巻き込まれる可能性もある、絶大な力を持った印鑑なのです。

15歳以上であれば実印の登録は可能です。必要書類と印鑑、登録費用を住民登録している地域の市区町村の役所や役場に持参すれば、登録申請ができます。


銀行印や認印との違いとは?

実印と、認印、銀行印の違い

ハンコには様々な種類があります。

一番身近なのは、認印(みとめいん)。認印とは、市区町村の役所や役場が発行する印鑑証明が不要な書類に使うハンコのことをいいます。

姓のみを刻印しているので、100円ショップや文房具屋さんでも、日本人に多い苗字であれば、簡単に手に入れることができます。

昨今では、デザインもかわいらしいものも増え、オフィスのデスクの引き出しにかわいらしい認印をさりげなく入れておく、おしゃれOLさんも多くいらっしゃいます。

会社の伝票や資料等、あるいは宅配便の荷物の受け取りなどに、手軽に使う印鑑が認印です。


銀行印とは、認印より大切な印鑑。普段はキャッシュカードがあるため、銀行ではATM利用のほうが多いと思います。銀行印は、普段はあまり使わないけれども、絶対必要で、作るときには意外とこだわりたいのが銀行印。

銀行の預金口座を開設する際に銀行に届け、そのほかに銀行での金銭出納などに使います。

大きな金額を動かすようなとき、住宅ローンを組むようなときも、実印とともに必要な重要な印鑑のひとつです。

銀行印は名字だけの刻印で問題ありません。お金にかかわることに使う印鑑ですから、書体や印材にはこだわって作ることをお勧めします。

まとめると、認印は100円ショップでも手に入るもので、日常的に使う印鑑。そして銀行印は普段使わないけれどもお金(金融機関)にかかわる重要な印鑑。

そして実印とは、自分の人生を左右するような大きな買い物・契約に使用する、自分自身の分身で、日本においては最も力を持つ印鑑なのです。



いつ使うの?使用場面をご紹介

実印とは?なにか

実印とは、先ほども説明いたしました通り、「自分の人生を左右するような大きな買い物・契約に使用する」ものです。

とはいえ、具体的にはどんな場面で実印を使用するのでしょうか?

例えば、不動産の取引夢のマイホーム購入!!

物件を購入する際には、所有権を自分の住所に移転登記しなくてはなりません。実印は、移転登記の際、売買契約など、不動産取引の書類に押印します。

また銀行から融資を受ける際。住宅を購入、会社を起業して創業資金を借りるなど。多額のローンを組む際には、実印が必要です。

さらには、遺産相続、契約書への押印など、比較的人生の重要なお買い物や重要な契約をする場面で使用することが多くあります。

こうした重要な契約、高額な契約に使用し、自分の権利や財産を守るものが実印なのです。



実印の使用方法、印鑑証明書とセットで効力を発揮

印鑑照明とセットで効力を発揮する

実印は、日本の社会ではその効力は絶大です。しかし、実は実印だけではその効力は発揮されません。

実印とは、さまざまな重要な契約、高額な契約に押印するものであると説明しました。

しかし、その実印を契約書類などに押印したところで、その実印が実際に住民登録された市区町村に登録した印鑑なのかどうか、そしてさらに、契約する本人が実際に所持使用しているものなのかどうかは、印鑑を見ただけではわかりません。

そのため、その印鑑が印鑑登録された実印であり、その本人と結び付けられた印鑑であることを証明する必要があります。

それが、「印鑑登録証明書」です。

大抵の契約時には、実印と印鑑登録証明書(通称は印鑑証明書)を一緒に提出することがほとんどだと思います。

実印と印鑑証明書がセットで、初めてその法的効力を発揮するのです。

印鑑登録をして、実印として認められると、「印鑑登録カード」が発行されます。印鑑証明書は、この「印鑑登録カード」を窓口に持参することで、発行してもらうことができます。

「印鑑登録カード」は印鑑登録されている人が持つカードのため、基本的には、本人しか印鑑登録証明書は発行してもらえません。

そのため、印鑑登録証明書と実印があれば、その印影を見て、2つが同一のものであり、本人が所有する実印に間違いがないと証明されるのです。

実印とは、法的な効力を持つ印鑑であり、その証明をするのが「印鑑登録証明書」なのです。



悪用のリスク〜作成から管理までの注意点〜

実印の悪用のリスク

実印はこのように、非常に強い法的な効力を持つ印鑑です。そのため、悪用されないように、トラブルに巻き込まれないように、注意をする必要があります。

印鑑を作成するお店選び

作成する印鑑通販サイト選び

実印を作るお店を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。

一番大切なのは、「そのお店が信頼できるかどうか」ということ。実印は大切なものですから、同じようなものがたくさん出回っているようでは安心して使えません。1つ1つを手作りで、丁寧に作ってくださる職人さんがいるお店で作ってもらうようにしましょう。

最近では、印鑑のネット通販ショップがおすすめです。書体や印材も視覚的にスムーズに選べ、出来上がりの印影イメージも確認できます。

しかし、注意したいのはそのネット上のお店が「ハンコ専門店」であるかどうかということ。また、「いつ頃創業したのか」、「ほかのユーザーの評価」をきちんと確認して、いくつかのネットショップの中からご自分が納得するお店を選択してください。

実印は素材や書体も大切ですから、豊富な素材や書体を用意している店舗であると安心です。


印鑑作成時の注意

実印作成時の注意点

実印となる印鑑を作成する際には、1人1つの印鑑であることを意識して、その書体にもこだわって作成しましょう。

まず大切なのは、フルネームで作成すること。1人1つの印鑑であるため、姓名を刻印することが悪用されるリスクを回避することにつながります。

そして、書体。書体には、

  • 篆書体(てんしょたい)
  • 吉相体(きっそうたい)
  • 隷書体(れいしょたい)
  • 古印体(こいんたい)

などがありますが、一般的には実印では、篆書体を使います。現代の漢字とは形が少し違い、複雑な絵の様な形式になっているので、偽造されにくく安全です。

また、篆書体以外にも印相体という書体もあります。篆書体をもう少しデザイン性を強くしたもので、こちらも偽造されにくい書体として人気です。


印鑑の管理

印鑑証明書、登録カードの管理

印鑑登録をして実印となると、役所から「印鑑登録カード」が発行されます。この「印鑑登録カード」と実印が1つのセットです。

印鑑登録カードは、印鑑証明書を役所で請求するときに役所の窓口に提出するものです。そのため、「印鑑登録カード」と実印がそろっていると、悪用されるリスクも高まります。

「印鑑登録カード」と実印は、ばらばらに保管するようにしましょう。また両方とも、できればカギのかかる場所に保管しておくようにしましょう。


保管場所

印鑑登録カードと実印の保管場所について

印鑑はその素材によっては、乾燥や湿度によって割れやすかったり、かけてしまうこともあります。

実印となる印鑑を作成する際には、一緒にケースの購入をすることをお勧めします。はんこショップに印鑑とともに販売されているケースは、乾燥や湿度に耐えられるものが多くあります。

ご自分のお住いの室内温度、乾燥状態、湿度などに合わせて、適したケースを購入されるといいでしょう。

そして、ケースに入れたら、できるだけ湿度、乾燥度合いのバランスのいい場所に保管してください。

実印は、法的に最も効力のある印鑑です。使用するときだけでなく、作成するとき、保管する場所にも気を付けて、悪用されるリスクを回避して下さいね。


>>実印作成のポイントについてはこちら