法人印鑑、法人実印、法人銀行印の作成から登録まで

法人印と言うと、みなさんはどのような印鑑を思い浮かべるでしょうか?

おそらく角印を真っ先にイメージする方が多数いらっしゃると思いますが、一言に法人印といっても用途に分けていくつかの種類があります。個人用の実印と同様に法的に重要な印鑑もあります。

このページでは、そんな法人印について解説をしていきます。法人印の種類から形やサイズ、彫り込む名前のルールまで幅広く理解していきましょう。このページをしっかりとご覧になれば満足のいく法人印を作成することができるので、ぜひ最後まで見てください!!

目次

法人印には様々な種類があります!!

企業において使用されている印鑑は様々な種類が存在します。ここでは、多くの企業で用いられている4つの種類のはんこについて説明をしていきます。どのような種類のはんこがどの様な目的で使用されているのかを確認していきましょう。

法人印鑑は、代表者印・銀行印・角印・ゴム印の4種類あります。

企業の実印「代表者印(法人実印)」

代表者印(法人実印)とは、会社が法人登記を行なった法務局に登録がされた印鑑のことを指します。より身近な例を使って説明すれば、「会社における実印」だと言い換えることもできるでしょう。個人の実印と同様に印鑑証明を発行することが可能です。

代表者印(法人実印)は人によっては、代表印や会社実印、その他には法人実印や丸印などとも呼ばれています。基本的にはどの印鑑も登録されて法的な拘束力を持つ代表者印(法人実印)だと認識しても間違いないでしょう。代表者印(法人実印)を押印するということはすなわち会社の意思決定を示すこと。したがって、全ての会社に必要なはんこであり、大切に保管されている印鑑でもあります。

法人の実印「代表者印」

金融機関との取引に必要「法人銀行印」

法人銀行印銀行口座を開設する際に金融機関に登録を行う印鑑のことを指します。企業以外、私達が日常的にお金を振り込んだり引き出したりする際に使用している銀行印と基本的な使い方の違いはありません。

会社の大切なお金を預かる金融機関に届け出るはんこなだけあって、実印と同様に厳重な管理が必要な印鑑の1つでもあります。基本的に銀行印と通帳があれば窓口において預金が引き出せるため、管理を徹底することが求められます。

銀行印は金融機関のルールに合っていればどのようなはんこでも登録が可能なため、代表者印(法人実印)を銀行印として登録することも可能です。しかし、セキュリティの面から考えて銀行印は新しく専用の印鑑を作成することが推奨されています。

会社の銀行講座開設の際に必要となる法人銀行印

日常的に使用される「角印」

角印は、見積書や請求書など日常業務に使用されているはんこ。横長で長方形が多く使用されているため、日常的に使用される会社の認印のこと多くの人が角印と読んでいるようです。人によっては、社印や社判などと呼んでいます。

見積書や請求書などはもちろん押印の必要な書類ですが、実印を押すほどではありません。かといって銀行印を日常的に使用するのも安全面から控えるべきです。このような状況の中で角印は簡単で便利なはんことして多くの企業で重宝されているのです。

請求書や社内文書への捺印など、法人の認印の役割を果たす角印


>>角印と丸印の違いについて詳しくはこちら

より便利に使える「ゴム印」

ゴム印は、角印と同様によく使われる法人印の一つ。会社の住所や電話番号・メールアドレス、会社名などが刻印されており、認印に近い感覚で使われます。

社内文書への捺印や、角印と同様に見積書や請求書、あまり重要でない契約書などに用いられることが多いです。ゴム印の利便性を活かして、住所や定型文などを簡単に書類などに記載することができるはんことしても活用されています。

ゴム印は耐久性やセキュリティの虚弱性の観点から、実印や銀行印として登録をすることはできません。しかし、日常的に使用する認印としては問題なく使用することができます。

法人印にもシャチハタのゴム印がありますのでとても便利です。

利便性の高い会社印「ゴム印」


会社印は二種類の形から

一般的に法人印には「天丸タイプ」と「寸胴タイプ」の印鑑が使用されています。

代表者印(法人実印)や銀行印には印面が丸い「丸天丸タイプ」または、「丸寸胴タイプ」の印鑑。角印には印面が四角い「角天丸タイプ」または「角寸胴タイプ」の印鑑が人気です。

ちなみに、代表印は印面が丸い印鑑で社印は印面が四角い印鑑だというのは単なる慣例でしかありません。サイズなどは規定があるものの、形状に関しては具体的な決まりはありません。

特別なこだわりがあるのであれば、慣例にとらわれることなく印鑑を作成するのも良いと思います。しかし、余程のことがないのであれば、値段や安全性、利便性などの面から慣例通りの印鑑を作成しておくのがよいでしょう。

丸天丸印、丸寸胴印、角天丸印、角寸胴印 丸天丸印、丸寸胴印
角天丸印、角寸胴印



天丸タイプと寸胴タイプの違いとは?

どちらのタイプの印鑑であっても代表者印(法人実印)や銀行印として登録することは可能です。そのため、どちらの印鑑を購入するのかは好みで決めてしまても問題はありません。両者の違いは大きく、見た目と値段にあります。

まず、天丸タイプは法人印としての風格を感じさせる見た目で人気を博しています。個人用のはんこでこのタイプを使用している人は多くないでしょう。他のはんことの差別化を図るためにも代表者印(法人実印)に最も適した形です。

寸胴タイプは、値段が安いことがメリットです。法人だけではなく個人使用もされているタイプの印鑑ですから流通量が多く、結果として値段が少しだけ安くなっていると考えられます。

代表者印として人気の丸天丸タイプ、値段が安くコスト面で優れている丸寸胴タイプ 代表者印として人気の丸天丸タイプ
値段が安くコスト面で優れている丸寸胴タイプ



おすすめは天丸タイプと寸胴タイプの使い分け

それぞれにメリットとデメリットがある天丸タイプと寸胴タイプですが、おすすめは使用用途に合わせてはんこの形を変えるという使い分けの方法です。

例えば、代表者印(法人実印)には「丸天丸タイプ」の印鑑を使用して銀行印には「丸寸胴タイプ」の印鑑を使用してみてはいかがでしょうか。印鑑の形を変えることで誤用を防ぐことができ安全性が格段に高まります。

代表者印(法人実印)には丸天丸タイプ、銀行印には丸寸胴タイプ 代表者印(法人実印)には丸天丸タイプ
銀行印には丸寸胴タイプ




印面に刻印される名前について

企業で使用される印鑑は代表者印(法人実印)や銀行印、角印などたくさんの種類がありますが、それぞれ印面に彫られる文字のセオリーが存在します。個人的に使用するはんことは文字の記載方法も大きく異なります。ここでは、その中でも特に重要な印鑑の印面について説明をしていきましょう。

代表者印(法人実印)や銀行印など丸型の印鑑

代表者印(法人実印)や銀行印などの丸い印面の印鑑には主に2箇所に文字が彫られています。これらの印面は二重の同心円になっていて、輪の中の文字が中文(ちゅうぶん)と呼ばれ、輪の外の文字が迴文(かいぶん)と呼ばれています。

中文と廻文

中文(ちゅうぶん)には何が記載されるの?

一般的に中文には印鑑の所有者についての情報が刻み込まれます。例えば、株式会社の代表印の場合は「代表取締役印」、代表取締役が1人の有限会社の場合は「取締役印」となります。

中文を見ることで印鑑の所有者の会社に置ける立ち位置や権限などを瞬時に判別することが可能となっています。役職者用の認印を作成するのであれば、中文に「部長」、「課長」といった文字が刻み込まれることになります。

中文には代表者印の持ち主の役職を刻印する

迴文(かいぶん)には何が記載されるの?

対して、迴文には社名屋号が刻み込まれます。中文を見れば所有者の役職などが判別できるのに対して、迴文を見れば持ち主が所属する法人が分かるというのが二重の同心円という特徴的なデザインをした法人印の利点です。

また、中文が縦書であるのに対して迴文は円に沿うように刻まれているという特徴があります。このため、どの文字から読み始めるべきかが分からなくなってしまうというデメリットがあります。

そのため、多くの法人印には迴文の読み始める位置を示す「開始点」(別名、中点)が付けられています。社名や屋号などの文字をデザインしてみて、読みづらいと判断した場合には、このような開始点を付けることも可能です。

廻文には会社名を刻印

迴文(かいぶん)にはひらがなやカタカナ、英語なども使用可能

迴文には社名や屋号名も入るため、ひらがなカタカナ、そして英語などを用いた表記をすることが可能。むりやり漢字表記などをする必要もありません。法人登記した屋号をそのまま使用可能です。

また、ひらがなやカタカナ、英語などで迴文を刻んだ印鑑は代表者印(法人実印)として法務局に届け出ることが可能です。こちらも、特に心配することはありません。なお、印鑑の記載方法などで不安点があれば事前に担当者に確認を取っておくとより安心です。

廻文にはひらがな、カタカナ、漢字、英字のいずれもオーケー

実印(代表者印)のサイズについて

法人印の中でも、を作成する際に特に気をつけなければならない印鑑は代表者印(法人実印)です。銀行印や角印など企業で用いられるはんこの中でも作成する際には一番ルールに注意すべきです。

代表者印(法人実印)の印影サイズは10.00mm〜30.00mm

法人設立の際に、法務局に届け出る代表者印(法人実印)は印影のサイズは一辺が10.00mm〜30.00mmの正方形に納まるもの、と定められています。大き過ぎるものでも小さすぎるものでもなく、このサイズに納まるはんこでなければ登録をすることができません。

18.00mmが最もたくさんの人に使用されている代表者印(法人実印)のサイズ。そして、21.00mmがより代表者印(法人実印)としての風格を求める人が用いるサイズだといわれています。したがって、18.00mm〜21.00mmの間のサイズで作成するのがおすすめです。

法人印は18.0mm~21.0mmのサイズがおすすめ

銀行印とサイズを変えることによって区別を付ける

企業で使用する重要な印鑑で代表者印(法人実印)と混同してしまう可能性があるのは銀行印です。角印やゴム印などは形状や素材が明らかに異なるため、誤用の心配はありませんが、銀行印は多くの場合、代表者印(法人実印)と同様の印面が丸い寸胴タイプで作るかたが多いので、注意が必要です。

そこで、印鑑の混同を防ぐために印面のサイズを代表者印(法人実印)と銀行印で変えるとう方法が推奨されています。代表者印(法人実印)よりも少し小さめのサイズで銀行印を作成することで、区別を付けるのです。安全性の面から見ても、こういった方法はおすすめできます。

法人実印と区別するため、銀行印は小さめのサイズで作成する

一般的でないサイズを希望する場合は在庫に注意

先述したように、代表者印(法人実印)は10.00mm〜30.00mmまでのサイズで登録できます。そこで、サイズ目一杯のはんこを作成しようとした場合や、ギリギリまで小さなはんこを作成しようとした場合にはお店に印材の在庫があるか確認することが必要です。

一般的ではないサイズの印鑑を注文する場合には、適したサイズの印材の在庫が無い場合、そもそも取り扱い自体がない場合などがあります。サイズ以外でも特別な要望がある場合には事前に入念な相談を行うことをおすすめします。

おすすめ!法人印に人気の素材

印鑑の素材は様々あるため、どの素材を選べば良いのか迷ってしまうことも多々あります。ここでは、その中でも特に人気の3つの印材について紹介していきます。

高い耐久性とスタイリッシュな見た目のチタン印鑑

チタンは近頃人気が出てきている素材の1つです。昔は加工が難しいことに加えて、朱肉が乗りにくいことが金属製の印鑑のデメリットだと考えられていましたが、今は技術の進歩によって改善が図られています。

最大の魅力は、摩耗や腐食に強い高い耐久性と美しい見た目です。他の印鑑に比べて、メンテナンスに気を使う必要も無いため紛失などセキュリティ面には十分注意する必要はありますが、一度購入すれば一生使い続けることが出来る印鑑となります。

重厚感もあり、押印をするときのインパクトも抜群です。法人印となったときにはきっと実用面でも見ても素晴らしい印鑑となりますし、高級感のある高いステータスも見せることが出来る1本となるでしょう。

画像:ブラックチタン ゴールドチタン
【究極の実印:チタン】人にも環境にも優しい人気の印鑑素材
高い耐久性とスタイリッシュな見た目のチタン法人印は、高いステータスの証

高級印材として名高い上質な黒水牛印鑑

水牛の角を加工した黒水牛のはんこは古くから高級印鑑として人気があります。見た目も高級感は法人印としての風格も醸しだしてくれる素材です。シンプルでありながら力強いのが黒水牛の見た目の特徴です。

耐久性も自然素材の中ではかなり高い部類に入るのも特徴です。耐久性に加えて、硬さと粘りも十分あるため印鑑に非常に適した素材だと言えるのです。朱肉の乗りも良く、印影が綺麗に映るのも黒水牛が人気の理由です。

耐久性と捺印性に優れた黒水牛も、法人実印としておすすめ

木目が美しく、環境にも優しい彩樺印鑑

彩樺は木目が美しいことに加えて、耐久性も非常に高い素材です。柘や薩摩本柘などが木の印材として古くから認知されているのに対して、彩樺は近頃人気が出てきた印材です。

グリーン購入法の適合商品として販売されている場合が多く、環境負荷の低い印材としても注目されています。こういった側面も法人印の購入時には検討してみてはいかがでしょうか。

彩樺の法人印

そのほかにも印材はたくさん!自分が満足できる印材を選ぼう!

ゴム印などは代表印や銀行印として登録をすることができないため購入には注意が必要ですが、それを除けばどのような素材でも法人印として使用することが可能です。

見た目や強度、メンテナンスのしやすさなどを考慮した上で満足のできる印材をじっくりと選ぶようにして下さい。

まとめてお得!!会社印鑑3点セット

多くのネットショップではお得な法人印鑑セットが販売されています。特に人気が高いのが代表印と銀行印、それから角印の3本をセットにしたはんこセットです。

3本セット以外にも認印を加えた4本セットの法人印鑑セットや便利なシャチハタ印鑑をプラスしたゴム印セットなども販売されています。会社印は会社設立時に一式揃えるのが便利ですし、なにより一本一本別々に購入するのよりも、セットで購入した方が値段も安くなります。

自分好みの印材やサイズの印鑑がセットで販売されていないかどうか、まずはインターネットショップなどを探してみることをおすすめします。

代表者印(実印)、法人銀行印、角印の3点セットがおすすめ

徹底サポート!法人印登録までの道のり

法人印には、代表者印(法人実印)や銀行印、角印やゴム印など様々な種類があります。この中で、特定の機関に登録を行う必要があるものは代表者印(法人実印)と銀行印です。

代表者印(法人実印)は法務局に届け出ることで、銀行印は会社のお金を預ける金融機関に届け出ることで印鑑の効果を発揮します。

一方、会社向けの銀行印は、日常的に普通預金口座を金融機関で開設するときに印鑑を登録することと登録方法に大きな違いはありません。そこで、今回は、一般的にはイメージが難しい代表者印(法人実印)の登録方法についてご紹介します。

代表者印(法人実印)の登録方法と印鑑証明書の交付までの流れ

それでは、実際に代表者印(法人実印)の登録を行い、代表者印(法人実印)の印鑑証明を交付するまでの流れを確認していきましょう。大きくは以下の4つのステップに分けられます。

  1. 営業所の所在地を管轄する登記所へ印鑑を届け出る
  2. 印鑑カード交付申請書を提出し印鑑カードを受け取る
  3. 印鑑証明交付申請書に記入の上、印鑑カードと合わせて提出
  4. 印鑑証明書が交付される


代表者印(法人実印)の登録は会社設立のための書類提出と同時に行われることが一般的です。つまり、法人登記と同時に実印登録を行うことが通常の流れとなります。法務局、または地方法務局、支局や出張所などどこでも構いませんが、法人登記を行う場所と同様の登記所でなければ実印登録を行うことできないことに注意が必要です。

代表者印(法人実印)の登録には届出書の提出と代表者の実印が必要になることにも気をつけましょう。届出書の中には会社の屋号や住所、代表者の情報などの記入が必要になります。また、代理人による実印登録も可能ですが、この場合は委任状と代理人個人の印鑑による押印が必要です。

印鑑の登録自体は最初のステップ1で完了です。しかし、代表者印(法人実印)だけではなく印鑑証明が必要になる場面も多いでしょうから、残りのステップも早い段階で済ませることが望ましいと考えられます。

特に、法務局から発行される印鑑カードは個人の場合と異なり、法人登記が終了してからの発行となるため、即日発行ではありません。したがって、印鑑証明書の発行はゆとりをみて行うことが重要です。
法人印登録の手順


以上で法人印に関する解説を終わります。今まで分からなかったことや、新しく知れたことなどはあったでしょうか。法人印の購入を検討している人のお役に立てれば幸いです。

ハンコヤドットコムは、出荷実績No.1。業界最大手の印鑑通販ショップです。豊富な種類の素材を取り揃えており、特に人気のチタン印鑑の品揃えはトップクラス。口コミのレビュー評価も高い人気のあるはんこ屋です。 詳細情報
格安価格で実印を購入したい方はここ!はんこプレミアムがおすすめです。はんこプレミアムは低価格・高品質販売の印鑑通販ショップ。手彫り印鑑が、たったのプラス1.980円で購入できるのはここだけ! 詳細情報
平安堂は品揃えが業界No.1のはんこショップです。素材にとことんこだわり、高品質の印材ばかりを厳選して取り揃えています。彫刻士の腕もトップクラス。1級彫刻技能士の資格を持っていたり、全国大会で賞を受賞している方もいらっしゃります。 詳細情報